12月, 2016年

性病の予防方法の情報について

2016-12-07

性病とは、性行為により感染する病気のことです。性病は、感染している人との性行為により感染します。病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこります。性病はちょっと恥ずかしいことだから、性病の予防はとても重要です。では、性病の予防方法は何でしょうか?本文では、性病の予防方法の情報についてご紹介します。

特定の人とすックスする
現実的な性病の予防方法としては、 まず不特定多数の人とセックスを行わないことです。接触する人数が多いほどその相手の人が性病に感染している確率が上がりますので、 できるだけ特定の信頼できるパートナーと行うことが望ましいです。性病は自覚症状のない場合も多く、不特定多数とのセックスは感染の可能性が高くなります。また、不特定多数とのセックスは、感染した場合に感染相手を特定することが難しいので、再感染する可能性もあります。

コンドームの使用
セックスをするときはコンドームを必ず使用しましょう。ピルを服用していても、安全日であっても、性病に感染する可能性はあります。 コンドームも万全とはいえないまでも、性病の原因となるウイルスや細菌の侵入をある程度防いでくれます。

定期的に検査
もう一つ性病の予防方法は、風俗を利用するなら、行為前に定期的に検査を受け、行為中は必ずコンドームをつけて、行為の後には手洗いや入浴が必要です。少しでも体調に異変を感じたら、すぐに受診しましょう。プレイ前に行うことといえば、定期的に性病の検査を受けることです。少しでも体調に異変があれば、早めに病院を受診してください。

Copyright(c) 2010-2013 性病の予防ー安全·安心なセックスのために All Rights Reserved.