慢性疲労症候群主な症状

慢性疲労症候群の診断基準
1.1カ月に数日間、会社や学校を休まざるを得ないような強い疲労が半年以上続く
2.医師の診察を受けても特に病気が見つからない
体の疲れを取る簡単ストレッチ
日ごろから、疲れを溜めないための簡単なストレッチが紹介されていました。
1. 肩を前後に回す。(首や肩の筋肉がほぐれます)
2. 両手を組んで、手のひらを上に向け、全身を思い切り伸ばす。(筋肉と脳をリフレッシュ)
3. 両腕を後ろにして、肩甲骨を縮めるようにします。体をすぼめるようにして肩甲骨を伸ばします。足は肩幅くらい開きます。(背中から肩の筋肉をほぐします)慢性疲労症候群専門相談貝がんせんもんそうだんいん
慢性疲労症候群について知りたい、どこで相談していいかわからない、といった慢性疲労症候群に閲するさまざまな疑 問や悩みごとの相談を受ける相談員のことです。がん診療連携拠点病院のがん泪談支援センタ一 には必ずいる専門家で、がんの相談対応について国から指定された研修を受けています。科学的 な根拠や実践に甚づく焐頼できる情報を提供することによって、相談者がその人らしい生活や治療選択ができるように支援します。
がん相談支援センターがんそうだんしえんせんた一
患者さんや家族あるいは地域の方々からのがんに閲する相談を無料で受ける窓丨丨です。全国のが ん診療連携拠点病院に設置されています。
管理栄養士かんりえいようし
食事の内容や食材、調理法についてのアドバイスや食事療法の選択を支援する、栄養学の特別な訓練を受けた専門家のことです。
緩和ゲアかんわけあ
慢性疲労症候群に伴う問題を、単に病気に対する医療としてだけではなく、体と心、社会生活や家族などのことまで含めて全人的に支える医療のあり方のことです。

Copyright(c) 2010-2013 性病の予防ー安全·安心なセックスのために All Rights Reserved.