両性の性病の予防生活の夏の両性性生活保健の3大のポイント

古来の養生の著作に明示:夏季の性生活が注意すべき陽亢興奮の反爾.意味は、夏より簡単に意欲が高まり、その場合は控え目になる本は加速の体弱みの怨霊新陳代謝、体に影響して、古人の言う元気、さらに体の基礎を引き起こす可能性疾患.では、夏の房事に何か注意しては?

p> <いち、夏バテ者を無理しないで行房

夏になると,性病の予防、女性は自分の体がだるい、眠気、不思食、体がやせ細って、秋になって、これらの欠点は往々にして治せないで、これは人々がよく言う夏バテ.

この現象の多くは自律神経失調症による、患者は体温37℃-最大37 . 4℃の間に波動のほか、多を伴う全身倦怠無力、食欲不振、腹は膨れて,動悸、汗をかいて、不眠、多い夢などの神経衰弱症状.

1,少数の女性は月経不順、こしけが増え、腰をむくん、むくみなど、1シリーズ婦人科症状

には夏バテは健康には影響はありませんが、症状が重い場合は性生活を避けて.男性側は有性衝動的に妻の情緒と心理状態を観察することを得意として、そして彼女の性欲をかき立てし、調和に取れ、満足に満足している.妻は医者の指導のもとで、服用オリザノール、ビタミンC、ビタミンB 1、それらに利益があって自律神経機能、体温を下げる、夏バテの症状改善.

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類
七因子誘発女の性病の予防人は掻痒がかゆい

女の敏感な部分はずっと女性の関心を受けて、同時に女性はとても悩み、主に女性が敏感な部位で脆弱で、細菌 …

未分類
あの性病の予防カラフルな時間は

最初の記憶、3歳ぐらいの記憶、三歳ぐらいです.当時の人と事がはっきりとよく分かって、この点にはたくさ …

未分類
完美男女それぞれには宝器があ性病の予防る

性愛性愛性愛性愛性愛性愛性愛性愛性愛.最近、上海交通大学医学部付属仁済病院の泌尿外科主任医師李铮と上 …