先進国の中で、エイズ感染者が増え続けているのは、日本しかないと言われています。実は、日本だけでなく、アメリカなどでもエイズ感染者が増え続けています。エイズは既に世界的な問題になりました。

エイズというと、「エイズは怖い」「HIVは怖い」「エイズは治療できない」「エイズが伝染病」とみんなが思っています。では、エイズは一体なんですか。

エ イズは後天性免疫不全症候群と言います。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のこ とです。エイズはカメルーンのチンパンジーから起源して、世界中に広まっていったのです。初めて発見されたエイズ症例は1981年にアメリカのロサンゼル スに住む同性愛男性です。1981年の症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がっていったのです。

どうしてエイズの伝染はそんなに早いですか。

エイズの主な感染経路は下記の三種類あります。
一つ目は性交です。エイズ感染者の性器を直接接触して、または口腔で性器を愛撫する場合は血液中にウイルスが侵入する可能性があります。
二つ目は母子感染です。出産時の産道感染、母乳の授乳による感染、妊娠中に胎児が感染する経路です。
最後は血液感染です。感染者の血液が、傷、輸血、麻薬まわし打ち等によって、血液中に侵入することで感染することです。

で はエイズを感染したら、どんな症状が出ますか。エイズの初期症状は、発熱、喉の痛み、リンパ節の腫れといった風邪のような症状が現れます。ですから症状か ら感染を判断することは不可能である。しかも通常、エイズの潜伏期間は約5~10年と言われています。ですから気付きにくくて、いきなりエイズが発症する 可能性が高くなり、治療が困難になってしまいます。

最近の医療が発達しても、エイズはまだ治すことができないため、とても恐ろしい病気で す。ですから、エイズの予防はもっと重要になりました。現在日本では輸血用の血液や血液製剤用の血液は、事前に検査をし、HIVのないことが確かめられた り、輸血用の血液や血液製剤用の血液は、事前に検査をし、HIVのないことが確かめられたりして、血液感染の可能性が低いです。また妊娠中期の妊婦に抗 HIV剤を使うなどの治療ができ、母子感染率を10%以下に下げられるようになりました。今エイズ感染者の8割以上は性交感染です。ですから性行為を行う ときコンドームを使って、精液・膣分泌液・血液などが直接触れないようにします。しかも特に不特定多数の方との性行為を避けます。

そのほかHIV感染者が触れた椅子、本、便座、食器類、身の回りの器具・品物などを使っても、HIVに感染することはありません。心配しないでください。

オススメ情報

本サイトは女性用人気媚薬が入荷しました。液体媚薬、粉末媚薬、香水媚薬など媚薬の正規品が揃っています。今激安通販しています。もしあなたは性交痛、不感症、セックスレスなので、夫婦生活がうまくできないなら、是非ご利用ください!
また、精力アップというと、コンビニで見かける「栄養ドリンク」が人気ですが、当サイトではあまりおすすめしていません。栄養ドリンクを飲んで元気が出たと感じるのは、カフェインやガラナなどを含んでいるからで、これは興奮作用があるからです。一時的なものに過ぎません。
まずはの市販の精力剤で試してみて、それでも効果が出なかったら、本格的な精力剤を試しましょう。

円満な夫妻性生活を保つため人気媚薬販売サイトがセックスレス解消できる媚薬を販売するようになりました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です