感染の可能性の高い性病の種類と症状

性行為感染症つまり性病は昔から男女のカップルとか夫婦を悩ましている病気です。従来からある性病は梅毒や淋病です。最近では性器ヘルペスとか尖形コンジローマとかB型肝炎などは流行している性病だと考えられています。

性病は誰にも相談しなくて放置されるまま、症状がどんどん進んでしまう事が多いです。女性にとって、放っておくと、不妊症や子宮外妊娠などを引き起こします。重視しなければなりません。ここで、感染の可能性の高い性病の種類と症状を簡単に紹介します。自宅で自分で性病検査を行って、もし思い当たる症状があれば、早めに医師の診察を受けてください!

淋病
淋病は、淋菌という細菌が原因で発症する病気です。潜伏期間は、2~5日です。男性だと症状が分かりやすい性病の一つです。女性は気付きにくいです。男性は尿道排膿、排尿痛、尿道のかゆみや不快感、のどの腫れ・痛みなどの症状があれば、淋病に感染すると考えられます。女性は淋病に感染すると、まずおりものの増加や性器の痒みなどの症状が現します。病気が進行すると、膣炎や子宮頸管炎がひどくなると、膿のような黄色いおりものが出てきます。

梅毒
10年以上の歳月をかけて死に至る怖い性病です。感染者は一番に多い性病です。主な症状は全身に小指の先ほどの大きさの斑できる「梅毒性バラ疹」や口腔内にできる粘膜斑や性器やワキの下などの悪臭や全身に硬いコブのような「結節性梅毒ゴム腫」などです。

HIV感染症
エイズとも言います。同性愛者や麻薬中毒者の中で、感染しやすい性病です。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が原因で発症する病気です。症状としては、まず発熱、喉の痛み、リンパ節の腫れといった風邪のような症状が現れます。ウイルスは、少しずつ免疫機能を破壊しています。こうして 免疫力が低下すると、発熱、下痢、体重減少といった症状が出てきます。さらに免疫力が落ちます。これがエイズの発症で、さまざまな症状が出てきます。そして最後には死が訪れますが、カポジ肉腫や悪性リンパ腫などの悪性腫瘍ができると助からないです。

性器ヘルペス
性器ヘルペス淋病に感染すると、感染部位の有痛性小水疱が出ます。

B型肝炎
症状としては、黄疸、全身のだるさ、食欲不振、吐き気や嘔吐が現れます。

陰部伝染性軟属腫
感染部位には小腫瘤が出ます。

疥癬
外陰部の掻痒の症状です。

以上のいった性病は代表的な性病です。病院にいって検査を受けると恥ずかしく感じるから、まず自分で検査してください。もし性病の症状があったら、早めに治療します。治療できますから、患者さんには、病気を正しく理解し、冷静に対処されることをお勧めしています。